2023年如月便り

皆様
お寒ございます。冬真っ盛り、寒さもピークになりましたがニューヨークでは暖冬で雪が降らずスノーボードなど雪滑りの用具が全く売れずに困っているというニュースです。日本はどちらかというと寒い冬で、大雪で高速道路の渋滞を繰り返したり、雪崩のニュースが頻繁に聞こえてきます。今夜からまた北は暴風雪という予報が出ています。ヒートショックは急激な気温の変化で血圧が上がり、心筋梗塞脳梗塞等の循環器系の不具合を起こします。どうか体調管理はくれぐれ怠りなきよう後一か月頑張ってみましょう。

--------------------------------------------------------------------

2023年如月便り
こんにちは。新年もあっという間に1か月が経過してしまいました。またひとつ歳を取ってしまいましたが万物皆同一条件なのでこれを云々しても致し方ありませんが、残念ながら当方の場合は体力が衰える一方です。こればかりは個人差がはっきり出てきますが高齢者の肉体的差は残念ながら打つ手が全くないとは言いませんが開く一方であろうことは認めざるを得ないようです。筋肉は年齢に関係なく鍛えればそれなりに維持できると言う事はわかっていますが、当方の場合、脊柱管狭窄症から來るひざ下の痺れに悩まされ歩行が思うようにできなくなり年々ひどくなってからは何とかせねばという思いも薄らいでいます。今のところ記憶力が少し悪くなっているのには自覚がありますが、気になったことはパソコンの検索ですぐ補う事にしています。たとえば庭の花木の名前で「白山吹」がどうしても浮かんでこず「黄色い花」の検索ワードで検索してみたら連想ワードで見事ヒットし、衣服では「フリース」という素材が全く頭の中から消えてしまったのですがこれをどうやって探すかですが衣料品販売で例えばユニクロのサイトからそれらしきものを探せば何とかぶち当たったというようなことをして見つけ出しました。こうして苦労して思い出した事柄はまたすぐ忘れてしまうのでメモ用紙に書き留めて置くと結構忘れないものです。思いついた時にすぐ実行しないと全く頭の中から消えてしまうので度忘れだから一時的だろうなどと考えずにその時やらないとダメと言う事にしています。幸いパソコンが大事なお友達になっているので結構助かっていますが、ボケ防止もそれなりに努力が必要というわけです。この時期冬枯れで緑が少なく寂しい時期ですが何故か秋に種まきしたツルコザクラが12月からちらほら咲き出し、特に一番陽当たりが良い門の外に出してある鉢が咲き誇りだしました。また桜草(写真)ですが毎年自然に発芽したものを少しずつプランターなどに集めて育てていますが、今年は何故か一際元気がよくこれが野菜だったらなあと思わせるほど育っています。あと冬場で元気がいいのはこれも秋植え球根のフリージアとアイリスです。花は3月以降でないと咲きませんが新鮮な緑は殺風景なこの時期の庭には結構目立っています。小鳥の餌台が朽ちてだめになったので「たたき大工」で新設しました。昨年修理したものと合わせ2つ並べて居間から自然と目に入る高さに設置しましたが今のところ雀の大群が朝決まった時間に現れます。ネットで購入した「小鳥のお食事」という商品名の餌を毎朝継ぎ足していますがあっという間になくなってしまいます。皮付きの粟や稗の類ですがひまわりの種や別の餌を変えれば違った鳥が来るだろうと色々やってみましたが今のところ雀ばかりです。昨年はメジロシジュウカラヒヨドリ、カラス、野鳩ジョウビタキヤマガラ等々が来ていました。そうそう暮れに人口増加対策は『教育』と言い切ったのですが、麻生副総裁が「少子化の最大原因は晩婚化」というのは全くの的外れも良いとこで、昨年9月に公表された国立社会保障・人口問題研究所の「第16回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」データでもはっきり理想の数の子どもを持たない理由の最多は「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」であったとのこと。直感があたったのはうれしい限りですが一寸考えればわかりそうなものです。本格的寒さはこれからですが、どうか体調管理は滞りなく、まだまだコロナやインフルエンザが周りにうようよしています。
2023年2月1日

野菜のように育った桜草

陽当たり抜群の門の前に出したツルコザクラ



 

ことしの10大リスク


 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

2023年迎春

皆様

明けましておめでとうございます。ご家族おそろいで新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

以下恒例の年頭のご挨拶です。本年も宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------

2023年迎春
『輝かしい新春を迎え旧年中のご厚誼に深謝いたしますとともに皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 旧年は天変地異・戦争・疾病とオンパレードでしたが今年こそ穏やかで平和な歳でありますよう祈っております』これは今年の年賀状の主文です。イラストはNHK朝ドラ「舞いあがれ!」で紹介されたバラモン凧です。バラモン凧とは五島の方言で、「ばらか」に由来し、「荒々しく 向こう見ず」、「荒くれ者、元気者」と言う意味に用いられています。 日本列島の、西端に位置している五島列島福江島に古くから作り伝えられたのがこの凧であります。後ろ向きの鎧武者の兜に鬼が噛みついている絵柄が描かれている凧で、子どもの無事成長を祈って空高く上げます。 また、鬼の頭の2本の角には平たい紐を張り、空にあげるとブーンブーンと鳴ります。悪毒王との激戦の末、百合若大臣は刀を振り下ろし、悪毒王の首を斬り落としました。 斬り落とされた鬼の首は空中に舞い上がり、百合若大臣の兜(かぶと)に噛み付いたがそのまま、死んでしまった。 その勇士の姿を描いたのが“鬼凧(おんだこ)”です・・・・とにわか仕込みのうん蓄のご披露です。現代世界の鬼退治はそう簡単にはゆきませんが永遠に続くとも思いません。「バランス」で動いている政治の世界ですが「調和・ハーモニー」を保つ社会になって欲しいと考えています。バランスは物理学用語ですがハーモニーは哲学用語です。哲学だけでは生きていけないでしょうが物だけも生きて行けないと言う事を理解する必要があると思っています。政治は優先順位付けの判断が重要です。方向を定め優先順位付けする、やらなければならない事項は次から次に出てきますがぶれなく的確に行う事が求められます。SDGs(持続可能な17の開発目標)ですが、2015年に国連で採択され、国際社会は一致団結して、2030年を目指してこの目標を達成しようと合意しました。最初の4つ⓵貧困をなくそう②飢餓をゼロに⓷すべての人に健康と福祉を⓸質の高い教育をみんなに、とこれぐらいは覚えられそうですが新年を迎え心新たに再確認したいと思います。本年も引き続き宜しくお願い申し上げます
2023年1月1日

 

2022年年末のご挨拶

皆様

今年もあと数日となりました。全国的に何年かぶりの記録的大雪です。クリスマス寒波による雪害がが各地で深刻です。雪崩・路面凍結・交通事故・交通マヒ・停電・倒木・家屋の倒壊・除雪中の事故・歩行中の転倒事故等々です。その他、豪雪地帯以外でも発生する災害もありました。また、地域住民だけでなく、冬山登山やスキー、観光などで豪雪地帯を訪れる多くの人々も被害に遭っています。この寒気まだまだ続きそうなので注意が必要です。2022年最後のご挨拶となりますが、来年も宜しくお願い致します。向寒の折体調管理くれぐれもご注意ください。

-----------------------------------------------

 2022年年末のご挨拶
 こんにちは。今年もいよいよ終わりです。ほとんど巣籠生活だったので振り返ることが何も無いと言った情けない年になってしまいました。年の瀬に際し、皆様のご厚誼に深謝いたしますとともに皆様のご健康とご多幸の良き新年をお迎えくださるよう祈っております。今年は天変地異・戦争・疾病と悪事オンパレードでしたが来年こそ穏やかで平和な年でありますようにと考えますがこれはといった方策がありません。今年の良いニュースはといえばスポーツ界の日本人の大活躍でしょうか。ざっと上げただけでも
エンゼルス大谷がダブルダブル、近代メジャー初の投打で規定に到達
パドレスダルビッシュが自己最多タイの16勝
・ヤクルト村上、王超え56号&令和初の3冠王
・ロッテ佐々木朗が史上最年少で28年ぶりの完全試合
北京五輪スピードスケートで高木美帆が金含む、日本勢最多メダル4個獲得
・W杯森保ジャパンがドイツ、スペインから歴史的金星で決勝T進出
井上尚弥がパウンド・フォー・パウンド・ランキングで第1位
と世界で通用する快挙が上げられます。スポーツ界は大活躍なので大いに評価すべき年だったと思います。藤井聡太九段が王将を奪取し、19歳6カ月で5冠達成。10代で5冠は史上初というニュースも快挙です。将棋好きには来年1月8、9日 羽生善治九段との王将戦が見ものかと思います。さて個人的には傘寿を迎えましたが何もしないからか、やたらと時が過ぎるのが早く感じられました。コロナを理由に友人との接触がない巣籠生活もいい加減うんざりといった感じですが、加えてひざ下痺れの身体障碍者では全く遠出が出来ないのには踏んだり蹴ったりです。現役時代の職場の仲間の年1回の同期会も延期に延期を重ねていたのですが今年はやっと実行までこぎつけたようでしたが、誠に残念ながら欠席してしまいました。年賀状は止めてゆく方が多い中、日本の良き伝統文化との思いからいつまで続けられるか保証の限りはありませんが、何とか今年も発信することが出来ました。高校生ぐらいから始めた手彫りの木版画を続けていましたが2~3年前ぐらいから木版画は終了してしまいました。絵心はまだあるのですが木を彫るという行為を老化が邪魔してきます。反省ともボヤキともいえますがこうやって1年を振り返り何とか新しい年が良い年でありますようにと願うばかりです。この1年プーチン戦争や習近平のゼロコロナ政策を考えると人間は何と愚かなのだろうと思うばかりですが権威主義の世界では全く違う論理と価値観が存在してそれをよりどころに論陣を張っているのだろうと思う事にしましたが理解出来そうにありません。現在の日本の民主主義と言われる社会制度が完全だとは思いませんし、全くうまく運用されているとも思いませんが先の大戦後それなりに学習を重ね許容範囲には充分入っているとは思っています。これからの日本を考えると防衛費に金をかけるのはそこそこにして教育費には天井無しで予算をつぎ込んでも元が取れると思っていますが理解できない政治家がなんと多いことかとぼやくばかりです。人口増加策を考えると何よりも教育を充実させるのが急がば回れの策ですよと年末のささやかな提言としたいと思います。
2022年12月吉日 

アルゼンチン、PKの激戦を制して36年ぶり3度目の優勝!

W杯が決まりました。NHKニュースは長いので今回はABEMA TIMESから転載させていただきます。アルゼンチン優勝は予想通りでした。

---------------------------------------------

アルゼンチン、PKの激戦を制して36年ぶり3度目の優勝! メッシは悲願のW杯初制覇!フランスは連覇の夢潰える 得点王はハットトリックのエムバペ

12/19(月) 2:54配信
ABEMA TIMES

チームを勝利に導いたメッシ

FIFA ワールドカップ カタール 2022・決勝】アルゼンチン3-3(PK4-2)フランス(日本時間12月19日/ルサイル・スタジアム)

 FIFA ワールドカップ カタール 2022・決勝トーナメントの決勝戦が行われ、アルゼンチンがフランスをPKの激戦の末に下した。フランスの史上3カ国目となる2連覇を阻止したアルゼンチンは1986年のメキシコ大会以来となる36年ぶり3度目の優勝。今大会での代表引退を明言している35歳のFWリオネル・メッシは5度目の挑戦にして“W杯初制覇”。最高の形で自らの門出に花を添えた。なお得点王にはハットトリックを達成して通算8ゴールとしたエムバペが輝いた。
 試合は序盤から互いのプライド、優勝への執念が真っ向からぶつかり合う。激しくプレッシャーを掛け合うも開始10分でポゼッションはほぼ互角。一方で前線からの激しいマークもあり、ややファウルが目立つ立ち上がり。
 しかし、21分に試合が動く。アルゼンチンはアンヘル・ディマリアペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。このPKを23分にメッシが冷静に蹴り込んで、この時点で得点王争いの単独トップに立つ今大会6ゴール目となる先制点を奪った。
 さらにアルゼンチンの猛攻は続く。36分、メッシを起点としてワンタッチで切り崩すとアルバレスがスペースへ絶妙なスルーパスを供給。これに反応したマクアリステルが中央へラストパス。走り込んだディマリアが冷静にゴールネットを揺らし、理想的な崩しで追加点を挙げた。対するフランスはシュートを放つことができず、苦しい展開のまま前半を折り返した。
 2点を追う後がないフランスだが、後半に入っても決定的場面どころか、アルゼンチンのディフェンスを崩し、シュートを打つことさえできない。頼みのエムバペもデ・パウルのチェックに苦しみ、フランスもう一人のキーマンであるグリーズマンもエンソ・フェルナンデスの対応に苦戦していいシーンを演出することができない。
68分、フランスは左サイドのCKからグリーズマンがクロスを供給。ニアサイドのコロムアニが頭で合わせ、ようやくこの日の初シュートを放つも、枠を捉えることはできず。その2分後にはエムバペがペナルティエリア左からシュートを狙うも、浮いたボールは大きく枠を外れた。
しかし80分、フランスがPKを獲得すると、エムバペが冷静に決めてメッシと並ぶ6ゴール目。さらに直後の81分、浮き球のパスに反応したエムバペが味方とのワンツーでペナルティエリア内に進入。強烈な右足のダイレクトボレーで立て続けにネットを揺らし、得点王争いでメッシを突き放すこの日2本目の逆転ゴールで通算7ゴール目を挙げた。試合は90分で決着がつかずに前後半15分ずつの延長戦へ突入。109分にメッシが劇的ゴールを挙げるも、118分にPKをエムバペが決め、ハットトリックを達成して同点に追いついた。
なお、今大会の決勝戦での代表引退を明言しているメッシは、クロアチアとの準決勝でW杯通算11ゴールを記録し、レジェンドであるガブリエル・バティストゥータ氏の持つ代表通算10ゴールを更新したメッシは記録を13ゴールに伸ばした。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇などクラブでの主要なタイトルをはじめ、史上最多7度のバロンドール受賞など個人タイトルを手にしてきたメッシは、唯一、手にできていなかった勲章を5度目の挑戦、しかも代表最後の試合で見事手中に収めてみせた。

■アルゼンチン36年ぶり3度目の歓喜 今大会の歩み
「グループステージ(グループC)」
第1節アルゼンチン1-2サウジアラビア
第2節アルゼンチン2-0メキシコ
第3節アルゼンチン2-0ポーランド

「決勝トーナメント」
1回戦 アルゼンチン2-1オーストラリア
準々決勝 アルゼンチン2-2(PK4-3)オランダ
準決勝 アルゼンチン3-0クロアチア

■アルゼンチン過去の優勝大会
1978年 アルゼンチン大会(自国開催)
1986年 メキシコ大会

(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

首長選挙の開票結果

我が街の首長選挙なので開票結果をNHKニュースより転載させていただきます。

予想通りでした。

-------------------------------------------

逗子市長選挙 現職の桐ケ谷覚氏が2回目の当選

任期満了に伴う神奈川県逗子市の市長選挙は、11日投票が行われ、現職の桐ケ谷覚氏が2回目の当選を果たしました。

逗子市長選挙の開票結果です。
桐ケ谷覚、無所属・現、当選。
1万9514票。
長島一由、無所属・元。
5726票。
自民党立憲民主党公明党が推薦した現職の桐ケ谷氏が、元市長を抑えて2回目の当選を果たしました。
桐ケ谷氏は73歳。
地元で工務店を経営し、市の商工会の会長などを経て、前回・4年前の市長選挙で初当選しました。
桐ケ谷氏は「2期目はまず子育てしやすい環境を整えたい。さらに、運転免許を返納したお年寄りの暮らしを維持するため、公共交通機関を使う際の支援を検討したい」としています。
投票率は51.07%で、前回の選挙を3.61ポイント上回りました。

ワールドカップ 日本対クロアチア PK戦で敗れベスト8ならず

残念でした。以下NHKニュースよりの転載です。

--------------------------------------------------

 ワールドカップ 日本対クロアチア PK戦で敗れベスト8ならず

2022年12月6日 7時07分

サッカーワールドカップカタール大会、日本は決勝トーナメント1回戦で前回大会準優勝のクロアチアと対戦し、ペナルティーキック戦の末に敗れて、初のベスト8進出はなりませんでした。

日本は前半、クロアチアにボールを保持されて押し込まれましたが、ピンチではゴールキーパー権田修一選手がシュートを防ぐなどしてしのぎました。その後30分すぎからボールを保持してチャンスを作れるようになると前半43分、右サイドのコーナーキックから短いパスを受けた堂安律選手がクロスボールを入れて、最後は前田大然選手が左足で押し込み日本が先制しました。日本は今大会4試合目で初めての先制点となりました。
日本はリードして後半を迎えましたが、10分にクロアチアのクロスボールからイバン・ペリシッチ選手にヘディングでシュートを決められ同点とされました。後半18分にはルカ・モドリッチ選手に強烈なミドルシュートを打たれましたが、権田選手が好セーブで防ぎ、試合は1対1のまま今大会初めての延長戦に入りました。

延長前半もクロアチアにボールを持たれましたが、終了間際に途中出場の三笘薫選手がドリブルで長い距離を駆けあがったあと、ミドルシュートを打ってチャンスを作りました。

延長後半は疲れが出た両チームとも決定的なチャンスはなく、試合はペナルティーキック戦に入りました。

日本は先攻となりましたが、1人目の南野拓実選手と2人目の三笘選手が連続で相手のゴールキーパーにシュートを防がれました。そして日本が1対2で迎えた4人目でキャプテンの吉田麻也選手も決められず、最後はクロアチアの4人目に決められてペナルティーキック戦で1対3で敗れました。
日本は1次リーグで優勝経験のあるドイツやスペインにいずれも2対1で逆転勝ちして、グループEを2勝1敗で1位通過し、決勝トーナメント1回戦に進みましたが、前回のロシア大会に続いて1回戦を突破できず、ベスト16で大会を終えました。
日本対クロアチア 試合データ
【観衆】4万2523人
【得点】日本:前半43分 前田
    クロアチア:後半10分 ペリシッチ
【シュート数】日本:12(枠内4)
       クロアチア:17(枠内4)
【ボール保持率】日本:36% クロアチア:51%
【パスの数】日本:545 クロアチア:724
イエローカード】日本:0 クロアチア:2
【空中を除いたデュエル(1対1の局面)勝利数】
日本62 クロアチア54
【空中のデュエル勝利数】
日本36 クロアチア55